オリンピック航空の歩き方。受託手荷物の購入を忘れずに。

「アテネ―サントリーニ」間の国内移動にオリンピック航空を利用しました。
乗機時間は片道たった45分なので、それほど重大なイベントではないのですが、ちょこっと覚書きをメモしておきます。





エーゲ航空?

わたしはオリンピック航空のホームページから航空券を購入したのですが、
私のフライトが、あたりまえのようにエーゲ航空呼ばわりされたり、
エーゲ航空から連絡が来たり、なになに???と混乱しました。

調べてみると、2013年にエーゲ航空がオリンピック航空を買収したので、同じ会社と言えば同じ会社だし、でも別々のブランドで運行しているらしい(wiki)。
結局のところ、「オリンピック航空=エーゲ航空」と考えてよいようです。

コードシェア便ともいわずに、両者の機体を利用してるし。
復路はオリンピック航空の機体(上の写真)、往路はエーゲ航空の機体でした。

受託手荷物の購入を忘れずに

オリンピック航空の歩き方として、最も強調しておきたいことに、
受託手荷物の購入を忘れないように。

よくあることですが、
普通のエコノミー航空券(GoLight)には大型スーツケースの預け入れ料金が含まれていません。
お心当たりのある方は今一度ご確認を。
オンライン上での追加購入は簡単なので、ぜひ事前に購入しておいてください。割安だしスムーズです。




自動手荷物預け機

アテネからサントリーニへ行く便の搭乗手続きの際、はじめて自動手荷物預け機を使いました。
というか、見渡す限りでは他の選択肢がなく、自分でやるしかなかった😣。そんな~。

乗客の多くが慣れてないようで、しかも係りの者が常駐しているわけでもなく、
荷物預け入れが混み混みになっていた。効率が良いのか悪いのか…。

年配の航空関係の男性が「これはわたしの仕事ではない」と、プンプンおこりながら手伝ってくれた。そう言われてもね~。
これからは自動手荷物預け機を使う機会が増えそうなので、余裕があるときに一度練習しておくといいですね。

サントリーニからアテネへの復路フライトでは通常通り係の人がやってくれました。よかった。



まとめ:普通にローカルなフライト

以上、オリンピック航空についてのちょっとした覚書きでした。
「オリンピック航空」と「エーゲ航空」は同じものとみなすべし。受託手荷物の購入を忘れずに。オリンピック航空に限ったことではありませんが、そろそろ自動手荷物預け機の使い方を覚えるべし。
p.s. 飛行機の中から車輪を見ることって、あまりないような気がする。
着陸のときの火花スパークが面白かった🙆



スカイスキャナーで格安航空券を探す