プールのように穏やかな館山の塩見海岸。温泉とイタリアンもかなりおすすめ

家族が南房総に別荘を建ててから20年以上が過ぎ、もう南房総は遊びつくした!(←大げさだけど😅)
そんな準地元民のわたしが、南房総でもっともお気に入りなビーチが館山の塩見海岸です。

今日は、とっておきの塩見海岸の歩き方をご紹介!


塩見海岸

塩見海岸のおすすめポイントは大きく二つ。

第一に、人が少ない。
駐車場完備、海の家やセーフガード完備の「ザ・海水浴場」ではなく、ただ海があるだけ。
海水浴客がまばらでプライベートビーチのような趣なのだ。


第二に、海がプールのように穏やかに澄んでいる。
地理的には内房、すなわち内海側の南端にあたる場所。
このあたりまでくると、内房の海はクリスタルに透き通ってるんです!
さらに塩見海岸はこじんまりとした湾になっているので、波がこない。
透き通った海水でのんびりチャプチャプできる、極楽ビーチなのだ。
浮き輪を浮かべて遊び始めたら、ずーっと、ボケーっと浮遊し続けちゃうよ。


このあたりには旅館やコテージがあります。
泊まりがけで、のーんびりすごすのもイイネ。



温泉は「花しぶき」

海水浴後のお風呂は温泉旅館「花しぶき」。
南房総の温泉事情の中でも、かなり上位に食い込むナイス温泉なので、海水浴と関係なくてもおすすめです。

温泉は2パターンあり。大浴場と個室風呂。

大浴場

大浴場は、日帰りプランの場合、11:00~14:30と18:00~20:30。
つまり、14:30をすぎると入れないので、海水浴はお早めに。

800円ぽっきりで、ちょい高級な旅館のお風呂に入れるのだからお値打ちです。
和テイストの館内を大浴場に向かってアプローチ。気分が高まる~~。

最終客だったので風呂場も撮影しちゃいましたが…(ごめんなさい…)
露天風呂も内風呂も落ち着いた趣。
お風呂に畳っつうのも久しぶり。

お風呂場にも脱衣所にも、様々なアメニティが一通り揃っていました。

個室風呂

「個室付き貸切風呂」は予約制です。
こちらは11:00~22:00なので、事前に予約さえしておけば、海水浴を存分に楽しんだ後のタイミングでもOK。予約はお早めに。
一室あたり45分で3500円です。

個室風呂は離れにある。一度、旅館の建物を出て、徒歩30秒ほどのところにあります。

二室あるのだろうか。数年前に、左側の「月の湯」をご利用しました。
三人で利用しましたが、
風呂も洗い場も二人ずつ的な大きさだったかな。
個室にはテレビ、押し入れ、トイレ、洗面所などが完備されており、
ごろごろとの~んびりできました。もちろん清潔で感じよし。

大浴場も個室も、お食事込みの温泉プランもあるようなので、
いろいろと余裕があればそれもよさそうですね。

花しぶきのテラスから、塩見の極楽ビーチを眺めるとこんな感じ。




イタリアン:オステリア ベッカフィーコ

塩見地区にはしゃれたイタリアンもあります。

「ベッカフィーコ」とは、シチリアの郷土料理でいわしの香草焼きのことだそうです。
「ベッカフィーコ」という小鳥に似せて作っているのだとか。
んん、そういわれたら、小鳥っぽいかも。

店内は落ち着いた雰囲気で、
食べ物も美味しいし、都会スタンダードの満足イタリアンです。

オステリア ベッカフィーコから、塩見の極楽ビーチを眺めるとこんな感じ。


まとめ

館山の塩見地区は、プライベートビーチを囲む都会派コミュニティな感じ。
その辺の漁師町とは雰囲気が違うんだよな、なぜか。

もちろん、漁師町には素朴で荒っぽい良さがあるのだけど、
塩見地区にはほどよく洗練された都会的なホスピタリティがある。

そしてなによりも、静かに、透き通った、小さな、プライベート的ビーチ。
チャプチャプチャプ!!