北澤八幡神社例大祭 2018。お神輿をたっぷり堪能した。

北沢八幡例大祭、「山の手随一」と言われるお祭りです北澤八幡神社例大祭、年に一度の大イベント
なにが随一かというと、八つのみこしが連合を組んで宮入りするお姿が大迫力!



今年は特別

その、年に一度の恒例イベントに加え、
今年は、「北澤八幡神社 鎮座550年」と3年に一度の「宮神輿渡御」が重なったことより、宮神輿を大修理し、かつ初めて町内を回るという特別イベントもあり北沢八幡秋祭り実行委員会
ちなみに宮神輿とは、各睦会のおみこしではなく、八幡神社のおみこし。言ってみればボスキャラです。

ジャジャーン、こちらが460万円かけてピカピカになったボスキャラ!

おまつりは二日間かけておこなわれます。
神社ではそれぞれ様々な催しがなされているのですが、ここでは大人神輿に限ってレポートしますよ。



一日目 宵宮

だいたいの睦で、一日目の夕方にそれぞれのまち(睦会の範囲)を神輿渡御します。
小雨が降ってましたが、
おっ、今年も祭りが始まるぞーっ!と、心にシュッと点火される瞬間です。ワクワク。



二日目 本宮 

午前 宮神輿町内渡御

今年は、二日目の午前中に宮神輿の町内渡御という初の大イベントあり。
言い換えると、神社に鎮座するボスキャラが自らお出ましし、旧下北澤村全体を回っちゃいますよ、ということ。

すんごい大雨のタイミングもあったけど、熱い祭り人たちは果敢にも400kgのボスキャラを予定通りリレーしていました。



午後 連合渡御・宮入り

なんてったって、これがハイライト。八基そろっての連合渡御!

12:30。各まちから集まってきた八基と、町内渡御を終えたボスキャラが、一斉に並んでスタンバイ!!ドキドキ。


13:00を過ぎたころ、一斉に神輿が動き出し、連合渡御開始。
キャー始まった~~!興奮はここがクライマックス!!

八基の神輿が威勢よく次々と目の前を通過。

30分ほどかけて、八基がすべて神社に向かって去っていく。後ろ姿もステキ。
ボスキャラは別途、単独で最後に出発してました。

次は宮入!!
歩いて登るのもそこそこ大変な石段を、神輿が順番に登っていきます。すごい。

そして、八基+ボスキャラが境内に大集合。1年ぶりでございます。

久しぶりの集合、言ってみれば故郷に帰省しての家族団らんですね。
しばしの団らん後、宮神輿(ボスキャラ)を残し、八基はそれぞれのまちに帰っていきます。

宮出し!
八幡様にご挨拶し、

さようなら~。また来年。

このあと、八基はそれぞれのまちに戻り、さらにまちを練り歩いた後、それぞれの保管場所に戻されます。
あああ、お疲れさま~~~。今年も愛と夢と希望をありがとう!!

わたしは神輿には触れていない。ペンより重いものは持てないので、神輿を担ぐとかありえない。
にもかかわらず!! 祭りが終わったら、精も根も尽き果てた。
熱い祭り人たちの激しい興奮と疲労が伝わってきたんだね。

番外編 出店

北澤八幡の出店は暴力団を追放したことで有名。
なので、出店の品ぞろえが独特。


スパークリングワイン旨かった。
大きな蒸し牡蠣と鎌倉ハムのフランクフルトも美味しかった。


スポンサーリンク
スカイスキャナーで下北沢周辺のホテルを見る